これからは裸眼で快適に生活

長いスパンで考えていくことで、レーシック手術よりもコンタクトの方が高くなってしまうことがあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。

 

コンタクトレンズの使用者にとりまして、裸眼の快適さというのは大変魅力的なものとなるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 コンタクトレンズを普段から使用している人の中でレーシックをしようか悩んでいる人も多いことでしょう。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。

 



これからは裸眼で快適に生活ブログ:05月21日

ぼくがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていた母親の
「子どもに音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は友人となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざと食べる事を長引かせたりしたこともあります。

ぼくにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなぼくのために、
母親は時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックごはん」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
ぼくにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作り果物が置いてあって締めになります。

ピクニックごはんもまたワクワクするイベントです。
普段はインスタントとんこつラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしない母親でしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
母親もそこで一緒に食べるというものでした。

母親なりにぼくに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。