何よりもクリニックのサポート体制に注目

何よりもクリニックのサポート体制に注目



何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:11月21日


おれの奥さんのからだに新しい命が授かってから
もうすでに臨月に入り、
いつ生まれてもおかしくない状況にあります。

すでに我が家は、
いつ子どもが生まれてくれてもいいように、
臨戦態勢に入っております。

さてさて、
MAXに腹が大きくなっているおれの奥さん…
動くのも一苦労のようです。

「ふぅ…ふぅ…」

でも、2歳の息子こうちゃんは、
そんな奥さんの状況を理解できず、
「遊そぼ!」「抱っこ!!」とダダをこねます。

そこで、奥さんは息子に言います。

「ごめんね。ママは、いま腹の中に、
こうちゃんのいもうとがいるから、抱っこしてあげられないの。
いもうとが生まれてきたら、また一緒に遊ぼうね」

息子は、なにかを理解したのか、
奥さんの腹をナデナデしました。

それからというもの、
息子は、奥さんに抱っこを求めたり、
無理に遊ぶことを求めたりしなくなりました。

奥さんが洗濯物を干すとなると、
息子は洗濯物を持ってくれます。
奥さんが床拭きをはじめると、
息子も同じように床を拭いてくれます。

見よう見まねですが、
息子なりに奥さんのお手伝いをしているのです。

きのう、奥さんを追いかけて走った息子が、
おもいっきりつまづいてこけてしまいました。

すぅ~と立ち上がった息子は、
痛かったのか、恥ずかしかったのか、目に涙をいっぱいためて、
下唇が上唇にかぶせて、泣くのをジッと我慢してました。

奥さんは、ゆっくりとコシをかがめて、
息子の目線で優しくこう言いました。

「大丈夫?痛かったね。我慢しなくていいのよ。泣いてもいいのよ」

息子は大きくゆっくりとうなづいて、大きな声で泣きました。
そして、抱きしめられたその顔は、
だんだんと安堵の表情になっていきました。

何よりもクリニックのサポート体制に注目

何よりもクリニックのサポート体制に注目

★メニュー

まだまだ新しい技術のレーシック
割引制度を利用してレーシック手術
レーシックはどのように行われるのか
レーシックの安全性は非常に高い
手術なので確実に成功するとは限らない
何よりもクリニックのサポート体制に注目
レーシック治療の実績数は要チェック
これからは裸眼で快適に生活
日帰りで出来るレーシック手術
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの全てを知っているつもり