まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:06月19日

どうも〜♪

今日は久々に筆が進みそうです。


最近、母の知り合いにもらった子犬が来て1か月。

想像以上のやんちゃぶりにも慣れてきました。

お昼とか時間関係なしに寂しいと鳴くし、人間の赤ちゃんが
3時間ごとに世話をするというのはおれにはとても無理!って
カンジがした。

お昼とか決められてない、赤ちゃんタイムな訳で・・・
子育てをするみなさん、本当にご苦労様です。

犬はあっという間だけど、人間の赤ちゃんは歩くまで1年だもんねー。


このベビーが家に来て、コアリズムをしていると・・・
なぜか吠える。

一緒に楽しんでいるのか警戒しているのか。

肩凝り体操をしていても「あそべー!!」ってカンジだし、
ダイエットフルーツ茶や寒天ケーキなんて、
すごーい視線を感じるのさ。

でも、最近はダイエットフルーツ茶を飲むと散歩に連れてって
もらえると思ってるみたいで、そわそわしはじめて、喜んでる。

犬って凄いねー。

外を怖がったのは最初のうちだけで、すぐに楽しいことって覚えたし。

散歩のおかげで1KG痩せるかも〜とわき腹を気にして
運動はしているけどね。

晴れ時々曇りのち晴れとか天気もわかるみたいで、雨だと大人しくしているし。


1週間から親がスロベニア旅行に行くって言いだして・・・
さすがに初の留守番は不安だけどねー。

帰って、部屋がぐちゃぐちゃにならないように、ハウスのしつけは
頑張ったみたいだけど。

どうなるやら・・・


明日はいい日かな〜