まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:12月15日

シェイプアップで目標体重になった後に
気になるのは「リバウンド」。

リバウンドが起こる原因は
「ホメオスタシス」なんだそうです。

ホメオスタシスというのは、
身体を常に一定に維持しようとする生命維持機能のことで、
シェイプアップ終了後は、
これを定着させることが必要なんですって!

シェイプアップを始めると、
一日の摂取カロリーを減らすため
最初は順調に体重が落ちますが、
停滞期になると体重が落ちなくなります。

この時ホメオスタシスは、
身体に入ってくるエネルギーが少なくなったため、
身体のエネルギー消費量を減らして維持しようとしますが…

しばらくすると、
減らした食事量でも身体は十分維持できると判断し、
エネルギー消費を元に戻します。

これと同様にシェイプアップ後も、
ホメオスタシスが落ち着くことにより
体重維持が出来るようになります。

もしこれが落ち着く前に食事量を戻してしまうと、
基礎代謝は減っているのに摂取カロリーが増えるため、
結果的に脂肪として蓄積しリバウンドしやすくなってしまうので、
シェイプアップ後ひと月は、
ゆっくりと身体をならす事が大切なんです!

なので、
シェイプアップ後の食事は
シェイプアップ中と同様に一日3食をバランスよく摂り入れ、
食事の量はひと月かけて
ゆっくりと戻していきましょう。

身体を作るたんぱく質、
身体の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しながら、
エネルギー源となる糖質は適度に、脂質は控えめにしましょう。

そして、
シェイプアップ中に行っていた運動も
ストレスにならない程度に続けましょう。
運動を続けることで基礎代謝を維持出来るため、
リバウンドしにくい身体になりますよ!